羞恥・屈辱、そして侮り。数々の被虐を受けたM女の豹変…壊れゆく理性、露わな表情。その中に生まれる快楽とは…ニューハーフクイーン佐倉まびが魅せる優しくも美しいトランスセクシャルな世界!M女W緊縛吊りで、情け容赦無いまびの愛の鞭が飛ぶ!!電マ・バイブの快楽と痛みの狭間で揺れ動く真性M女達は、徐々に悲痛さを露にし声を荒げる!
このアダルトビデオ作品は。主演女優:佐倉まび  でSM EROS2という原題の作品です。キーワードとしては「SM  」となります。関西マニア倶楽部のレーベルからは目が離せませんね。

気が向いたら口コミもお読みください。

玉なしニューハーフが女性とのセックスを初体験するというAV作品のPVを見て、NHAV女優は女性化したいので玉取手術まで踏み切った、ということは男性とのセックスを欲しているのに、ペニクリを女性の膣に入れることになってしまった際の気持ちは一体どうなのでしょうか。

常識的には男性ホルモンを出す睾丸が無くなれば勃起力が急低下し立った場合でもすぐにふにゃっとなるようです。我々が本気で共感するのは難しく、女性どうしの交わりを傍観する立場になりがちです。

女性のイクはどこまで本当でどこまでが嘘なのか、実際に行くとどのような状態になるのかという点について、男性の知識は聞きかじりに過ぎないですね。
イクとはすなわちオーガズムに達するということですね。本当に本気で行けるかということが、ニューハーフAV女優の実力の決定的要因になると言えるかもしれません。

自分は心の中では女だとカミングアウトすると、世間一般は引いてしまうのが当たり前で、とても孤独な状態になります。以前タマタマがあった部分がだらしなく黒く広がっていることもなく、自分とは性が違うんだという気がしてドキドキしました。

ニューハーフが本気で行ってしまっているように見えるものもあれば、そんなふりだけしているのが明白なものまで千差万別ようです。前立腺がキュンキュンなって、腰が勝手にバイブから逃げようと動いしまうほどです。 オーガズムに達したふりをされることもありますが。

SM EROS2に関連して、佐倉まび  でSM EROS2SM  の下記のAVもどうぞご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です